仏花にプリザーブドフラワーを

MENU

仏壇、仏花に

亡くなった方を慰めるためにも、お仏壇に仏花をお供えするのは欠かせません。
仏壇の仏花、どうされていますか?市販のものを買われていますか?

 

お店でセットされた仏花は、だいたい種類が決まっています。
小菊や洋菊、カーネーションなどがその中心です。

 

そこに季節の花々を足していきます。
たとえば、春ならアイリスやキンセンカ、夏はリンドウやケイトウなどが定番です。

 

これらのお花を5種類くらい集めます。
色の構成は、白・赤・黄色・紫・ピンクといった比較的目立つもの。
そこが葬儀や法事のお花とは、大きく違った特色の一つです。

 

仏壇の仏花と葬儀・法事の仏花の共通点

一つだけ共通点があります。どちらもバラの花は使えないことです。
理由は刺があり危険だから、マナーとして避けるようになっています。
とはいえ、故人が好きだった場合や、家族が納得していれば、それも問題ないでしょう。

 

仏花の困る点

生花に付き物の、水の入れ替えをつい忘れてしまい、枯らしてしまうこと。
夏場などでは、どうしても傷みやすくなること。

 

案外困ることも多いものです。
そんな中、今人気を集めているのが、プリザーブドフラワーの仏花。

 

プリザーブドフラワー

生花を薬品などで特殊加工し、その美しい色や形をそのまま留めたものです。
別名「枯れない花」と呼ばれています。
また、加工中に着色もできることから、生花にはない色も楽しめるのです。

 

こうしたことから、今まで枯れやすいことで、仏花に使われていなかったお花も、
プリザーブドフラワーなら組み込めるようになりました。
だから、今までにない華やかで美しい仏花を仏壇に飾ることができます。

 

プリザーブドフラワーの仏花、どこで買う?

プリザーブドフラワーは、生花店の他、雑貨店でも扱われています。
通販による販売が最も多いようですよ。そして、種類も豊富。
お好きなお花の組み合わせなども相談できます。
ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。