仏壇に飾る仏花について知っておきたいこと

MENU

仏壇に飾る仏花

仏花とは、仏壇に飾ったり、お墓参りの時にお供えするお花のこと。二束で一対になっています。

 

ご先祖様に対する尊敬や敬愛の意味を持つ仏花は、飾る花の種類など決まりごともあります。しきたり、マナーです。

 

しきたりを気にされるところに仏花を持っていく場合

気をつけないといけないことがあります。

贈ってはいけないお花

「あざみ」や「バラ」など棘のあるお花や、香りの強すぎる花です。特にバラは、「葬儀」「法事」「お墓参り」など仏事全般で、「いけない」ともいわれています。

 

お花の本数

3本、5本、7本など、奇数が良いとされています。

 

仏花に使われる一般的なお花

「輪菊」「小菊」「洋菊」「カーネーション」「スターチス」「ストック」などが、メインに使われることが多くなっています。

 

季節によって、春にはアイリスやキンセンカ。夏にはリンドウ、グラジオラス、ケイトウなどが使われることもあります。色合いとしては、「白」「黄色」「紫」「赤」「ピンク」などが基本です。

 

仏壇に飾るのに、このようにしきたり、マナーもあります。あまりその点を気にしなくてよいなら、故人が好きだったお花をお供えするのが、一番喜ばれるでしょう。

 

バラが大好きだった、という人もいると思います。そんな時、しきたりに厳しくない家であれば、バラをお供えするのもよいでしょう。

 

立派な仏花ではなくても、

庭で育てているお花でもいいのです。「きれいだな、飾ったら喜んでくれそうだな」と思って、お花をお供えする気持ちが、何より大切ですから。

 

あまり親しくないところへの仏花や、しきたりや決まりごとを大切にしているお宅へのお供えのお花は、注意しなければなりませんが、「故人を想う気持ちを大切にする」という意味では、「難しいことを考えずに喜んでもらいたい」という心で花を贈ることが大切だと思います。

 

プリザーブドフラワー

最近は仏壇に飾るお花として生花ではなく、プリザーブドフラワーも人気です。人気の秘密は、枯れずに、美しい姿を見せてくれるとこいうこと。しかも、水やりなども不要で、お手入れの手間がかかりません。値段は高くなりますが、枯れる度にお花を買い換えることを考えると、経済的な負担も少なくなりますからね。

 

仏花を買うなら、こちらの「日比谷花壇」が種類も豊富でおすすめです。
ホームページはこちら。

 

日比谷花壇