お盆に用意するお墓用の仏花

MENU

お盆に用意するお墓用の仏花

日本には古くからの風習として、年に1回、亡くなった人をこの世に向かい入れ、
幾日か過ごし、また送り出すという「お盆」があります。

 

 

お盆

「新盆」と「旧盆」があります。
地域によって、いつやるのか分かれます。

 

関東は、7月の新盆。
その他の地域は、8月の旧盆になっているようです。

 

それは、先祖代々のお墓がある故郷に帰省する人が8月に多く
東京には人がいなくなることから、東京では7月に、他の地域は8月に。
という事情もあるようです。

 

新盆でも旧盆でも、

亡くなった人を迎え入れる準備を、現世に生きている人達がしなければなりません。
今は簡略化して、やらない家も増えています。

 

日本では昔から仏壇のある家では提灯を飾り、仏花やお供物などをします。
もちろん、お墓参りにも、仏花を持参。

 

お墓の仏花

1対用意します。
手入れができず、陽にさらされて、長持ちしない屋外です。
少しでも長く持つようにと、菊や蘭類を束にして持っていく人が多いです。
近年では、亡くなった人が好んでいたお花を用意するケースも少なくありません。

 

大半が行う8月のお盆を例に取ると、

仏花の一夜飾りは、いけません。
迎え火である8月13日の2日前までには買い、当日は死者の目印になるよう
提灯やロウソクに明かりを灯します。
そして、お腹いっぱい食べてもらうために果物などをお供えします。

 

死者は馬や牛に乗ってこの世の行き来をするので、ナスで作った牛、キューリで作った馬を用意。
道中困らないようにしてあげることも大切です。

 

送り火

4日後の16日には、死者の魂があの世へ帰ります。
送り火も忘れてはいけません。
送り火は、死者があの世へ帰るときに、道に迷わないための道しるべ。
門の前でおがらを焚き、無事に帰れるようお祈りをして、火を消します。

 

そうすることによって、現世を生きている人たちと、あの世とは違う。
という、けじめをお互いにつけ、また来年会う約束が出来るのです。

 

お盆は、地域によって期間も、習慣も若干異なります。
でも、日本からの古き良き伝統として、今もなお受け継がれているのです。