仏花としてもお勧めのプリザーブドフラワー

MENU

仏花としてもお勧め、プリザーブドフラワー

お花を見ると癒されますよね。
でも、生花は水替えなど手入れをきちんと行わないと、すぐに枯れてしまいます。
また、手入れを毎日行ったとしても、その命は長くて10日前後。
だからといって、造花では味気ない感じがしてしまいます。

 

プリザーブドフラワー

生花の持つ瑞々しさと造花の持つ良さを合わせた花が、プリザーブドフラワーです。
プリザーブドフラワーとは、生花を特殊な薬剤の中につけ
枯れたり、花びらの鮮やかな色があせないよう加工したものです。

 

造花ではなく本物の花を加工します。
だから、生花の持つ華やかさや瑞々しさ、また花びらの質感なども失われないのです。
それがプリザーブドフラワーの良さですね。

 

加工されていない生花ですと、

特に、夏場は水がすぐ腐敗。枯れやすくなってしまいます。
寒い気候の地域ですと、冬場に生花を飾ると、寒さで凍ってしまいます。

 

プリザーブドフラワーは、水を与えるなどの手入れを必要としません。
気候や室内の温度にも左右されません。
どんな場所でも花の美しさを楽しめるのが、魅力の1つと言えるでしょう。

 

加工すれば、数年はその色鮮やかさが持つと言われています。
結婚式のブーケを加工したり特別なプレゼントとして、プリザーブドフラワーは人気です。

 

また最近では仏花としても、

ブリザーブドフラワーは高いに人気を集めています。
プリザーブドフラワーは水分を与える必要がないので、水が腐ってしまうこともありません。
ですので、仏壇周りをいつも清潔に保つことができます。
また、重い花瓶を持ち運ぶ必要もなく、お年寄りの一人暮らしでも安心です。

 

仏花としてよく飾られる菊やユリの生花は、

寿命が他のお花より短いです。
夏場ですと、2〜3日で枯れてしまうこともあります。

 

枯れないよう加工されているプリザーブドフラワーは、枯れやすい花を数年飾れます。
何度もお花を買いに行く手間暇もなくせますから、コストパフォーマンスに優れ、経済的。
生花を買っても、なかなか手入れが出来ない方や、仏花を長く持たせたい方に、
プリザーブドフラワーはお勧めです。